ダイエットにはレベル別のリバウンド対策が必要

ダイエットをしたことがある人なら、体重を減らすことよりも、減った体重を維持することの方が難しいのをしっていますよね。

 

リバウンドをしなければ、ダイエットは一度で終わります。

 

年がら年中ダイエットと言っている人は、リバウンドを繰り返す人と言うことですね。

 

リバウンド防止のポイントになるのは、減った体重が保てるような生活を習慣化できるかどうかになります。

 

 

ダイエットエステ おすすめ

 

 

だって大人になれば、日常生活はほとんど習慣化しているわけですからね。

 

太った人はその生活パターンに太る根本的な原因があるので、そこを改善するようなダイエットを始めます。

 

生活パターンを考えないで食事制限や運動などをして痩せたとしても、体重が元に戻ってしまうのは当然なんですね。

 

太りやすい生活習慣を、太りにくい生活習慣へと変えていかないといけません。

 

だからリバウンドのきっかけとなる太りやすい生活パターンを知っておく必要があります。

 

太りにくい行動を定着させられるかどうか。

 

イベントが多い時は注意

本来の生活パターンと大きく違った方法で痩せた場合は、もとの体重に戻りやすいんです。

 

リバウンドがそれほどでもない場合は、本来の生活パターンに近いダイエット方法をやったということです。

 

減量前の体重を下回っているなら、最小限のリバウンドに抑えたい。

 

ダイエットをするたびにリバウンドをすると、体重の戻り幅が大きくなりすぎて重症化することもあるそうですからね。

 

リバウンドが軽度の状態だったら、食生活だけでなく、生活活動の増量や運動の継続といった消費カロリーを増やす努力を続けたいところです。

 

それほど大きなダイエットが必要でない、不要な減量を試みると、体の防衛本能で体重が戻りやすくなります。

 

ダイエットエステ口コミ

 

体には現状を保つホメオスタシスという仕組みがあります。

 

体温や血糖値などはホメオスタシスで保たれますけど、体重や体脂肪率もこの仕組みで大きく上下しないように保たれるのです。

 

このホメオスタシスによって、飲み会や旅行などでたくさん食べてしまっても、体重増加を最小限に保とうとしてくれます。

 

でも飲み会などが何度も続いたりするとホメオスタシスでは対応できなくなってしまいます。

 

そうなってしまえば、体重の増加につながってしまって、小さな増減を繰り返しながら右肩上がりになっていきます。

 

イベント事が多くなってきているようなら、短期間の体重の変化に惑わされないで、大きな目線で体重の変化をみるようにします。

体重を安定させるためには運動

太るか痩せるかと決めるのは、生活活動や運動による消費カロリーと、食事による摂取カロリーのバランスです。

 

消費カロリーが摂取カロリーを上回ると、エネルギー収支の赤字かを穴埋めするために体脂肪が分解されて痩せることになります。

 

だからエネルギーをそうやって赤字化させるかが大事なんです。

 

たとえ消費カロリーをアップさせなくても、食事制限で摂取カロリーを減らすだけでも痩せられることになりますからね。

 

メンズエステ体験記!ダイエットコースはホントに痩せる?

 

でも運動量が少ない人のダイエットほどもとにもどりやすくなります。

 

ダイエットした状態を維持しようと思えば、それなりの運動を続ける必要があります。

 

運動でカロリーを消費することになりますし、筋肉量も増えるので代謝がアップしますのです。

 

食べることは生きる楽しみだから、食事制限はなかなか続かない。

 

だから運動をどうやって取り入れるかが体重を維持するポイントなんですね。

座りっぱなしの生活はダイエットの敵

食べ過ぎていないのにリバウンドしたという不満を口にする人は少ないです。

 

でも太るか痩せるかを決めているのは、食事からの摂取カロリーと日常生活や運動などによる消費カロリーのバランスです。

 

食べ過ぎていないのにリバウンドしたのなら、消費カロリーが少なすぎるので、エネルギーが余ってしまってカロリーが体脂肪に代わりやすいんです。

 

運動が苦手だとしても、普段の生活で消費カロリーは増やすことができます。

 

運動以外の活動でエネルギーを消費するということです。

 

太っている人は痩せている人と比べて座っている時間が長くて、立って歩きまわっている時間が短いということが分かっています。

 

座った姿勢から立つだけで消費カロリーは20%上がります。

 

自分が長い時間座っているというのなら、食事制限や運動よりも先に、ちょこちょこ動くことを習慣化するほうがダイエットの近道かもしれませんね。

 

ダイエットエステのお試し体験談